ブログ

細部に至るまで…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

DSC_1873.JPG

お誕生日ケーキのご注文。

9歳になられる娘ちゃんのお誕生日ケーキをお母様が電話で「こんなの出来ますか?」と問い合わせて下さいました。

娘ちゃんの要望をお母様が伝える訳ですから、伝言ゲームじゃないけどニュアンスを聞き取るのも緊張します。
しかも電話。

お母様がおっしゃるには…
土台がスポンジでは無くてガトーショコラを半分にカット。
間にはチョコのクリームとバナナを挟む。
上には白いクリーム。
側面はクリームで覆わない。
飾るフルーツは苺、バナナ、皮をむかなくて良いぶどう、黄色いキウイ。
緑のキウイは苦手(うん、うん、わかる。私も苦手。)

ガトーショコラは教室で作ってるので大丈夫。
半分にスライスした事無いけど、ボロボロしなきゃ良いなぁ…
何時ものスポンジをスライスする時は鉄芯を当てるけど、ガトーショコラ半分なんて分厚いサイズ持ってない。
フリーハンドで切るしかない。
チョコのクリームも何れくらいの量いるかわからないけど、何とかなるか。
苺がなぁ…
アメリカは出来るだけ使わない様にしてるから…
ブツブツ…

早めにお声掛けして下さったので、ああしよう、こうしようと考える時間が取れたので、何とか。

当日はご本人も一緒に取りにいらっしゃいましたが、サプライズ希望との事で確認はお母様だけ。
お家のパーティーでどんな反応をされたのでしょうか?
気に入って頂けたなら良いのですがーーー

それにしてもこんなに明確にお菓子の事を話せる小学生がいらっしゃるとは!
「お家でも作ってるんですか?」とお聞きすると、お菓子が題材の絵本等読んで空想してらしたそう。
夢を形にしたかったんですね~
そのお手伝いが出来たなら、私も幸せです。

この様にご希望を伺って作る事も出来ます。
ただ、小さな店で一人で全てを行っています。
普段お店や教室で使う材料と共通の物であれば問題は無いのですが、その1台の為だけに使いきれないロットの材料を取るのは厳しいです。
そう言った観点からお受け出来ない内容もあります。

通常のスポンジと生クリームとフルーツのタイプであれば3営業日前迄に。
リクエストがある場合は早めにお声掛け下さいませ。