ブログ

栗炊き休み中

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

DSC_1910.JPG DSC_1902.JPG

毎年恒例となった自家製の栗の渋皮煮炊き。

今年も何とか山場は越えて、只今灰汁抜き5回目最後の火入れ中。
とは言え、かなり大きな鍋。
直径42cm、深さ26cm。
沸騰するまで1時間はかかる。
眠い…
強火で行くともう少し時間短く出来るけど、グラグラさせたら崩れちゃう。
睡魔との戦い。

火を止めたら、冷め待ち。
だいたい3~4時間、この間に寝る。

未だ最後の筋掃除と砂糖で炊いて瓶詰め作業があるけど、何とか間に合いそうなのでちょっと長めに寝ようかな…

写真は見苦しくて申し訳無いですが、毎年載せてる皮むきの残骸。
大変さを知って頂く為。

でも、本当は筋掃除の方が大変で時間かかる。

私が毎年栗炊き、栗炊き言うからか…
周りでは炊く人が多いです。
前に炊いた事ある人も、久々に炊こうかなっておっしゃる。
炊いた事無い人も挑戦してみようかなとおっしゃる。

お菓子友達からLINEで、栗頂いたから2kg炊いたって報告が。
「2kgなんてプーやん」って言ったら、「プー言うな」って返ってきた。

このエピソードをblogに書いて良い?って聞いたら「良いよ~」と即答。
「友達はその後追加で2kg頑張って炊いたって書いといて」と…(笑)
計4kg、なかなか頑張りました。
未だ一気炊きの辛さは味わって無いけどね~
彼女曰く、「2kgが限界」。
一般家庭で2kg炊ける鍋があるだけでも凄いよ。